2010/01/10

2009年10月香港旅行の記録

香港では日常的に見かける風景です。建物建築中やリノベーション中の足場は竹です。低層、高層、超高層関係なく竹です。

以前テレビで、足場を組む職人を養成する学校があると紹介されていました。竹は軽くてしなりがあり、鉄筋の足場よりも重宝されているそうです。


頭上注意です。崩れたりする心配はなさそうですが。このイラストが文化大革命時代っぽくて味があります。


ただこの竹の足下を見ると不安になります。つま先立ち状態です。ここで全てを支えているのかと思うと不安です。


「竹を割ったような性格」などと言いますが、この足元、何かのはずみでスパッと亀裂が入ってきれいに裂けてしまったりしないのでしょうか。

0 コメント:

コメントを投稿