2013/04/09

2013年2月香港旅行の記録

鉄子でも乗り鉄でも撮り鉄でもありませんが、古い電車が好きです。念願だった香港鐡路博物館(Hong Kong Railway Museum)へ行ってみました。

大埔墟(Tai Po Market)の崇德街(Shung Tak St)に入口がありますが、ゲートが閉鎖されていました。


どうしようか、と思った時、「階段を使うのが不便な方は、安富道(On Fu Rd)側の車両用の出入り口をご利用ください。」という案内表示が目に入りました。不便もなにも、そもそも開いてへんけどね。


安富道‎の方へまわってみると、ゲートが開いていて中へ入ることができました。


大きな地図で見る

博物館があるのは、九廣鐡路の旧大埔墟(Tai Po Market)駅として使われていた場所で、駅舎を改装しギャラリーとして各種展示をしています。この駅舎は、1984年に香港法定古蹟に指定されています。


1950代の古い切符。


ポイントと信号を切り替える機械。


駅員事務室。電話とかランタンとか窓口の鉄格子とか脚の長い椅子とか、レトロでカワイイです。


敷地内には実際に使われていたレールが残され、古い車両が展示されています。敷地のすぐ横(緑のフェンスの向こう側)を現在の東鐵線(East Rail Line、旧KCR)が走っています。


線路の上も自由に歩き回れます。これは、SIR ALEXANDERという機関車。


展示されている客車にも入ることができます。これは一等車。


二等車。荷物棚もなく、鉄製の座席フレームとクッション部分以外はグレーっぽい白で、腰壁はシルバー。ミニマルな空間です。


三等車。スターフェリーの座席みたいで素敵です。この車両は、床がタイル張りです。


客層は子ども連れが多い印象ですが、大人でも十分楽しめます。入場料は無料です。敷地内には警備員や清掃員が何人もいるし、キレイに管理、保存されているので、入場料取ってもいいんじゃないだろうか。子どもは無料で、大人5HK$くらいなら払います。

一般的な写真撮影は自由ですが、ギャラリー内や展示車両内でのウェディング写真とかコスプレ写真は禁止だそうです。ビデオ撮影は事前許可がいるそうです。

香港鐡路博物館 Hong Kong Railway Museum
香港大埔大埔墟崇德街13號
13 Shung Tak Street, Tai Po Market, Tai Po
http://www.heritagemuseum.gov.hk/eng/museums/railway.aspx

関連記事:
大埔農墟(TAI PO FARMER'S MARKET)
大埔の文武廟に行ってみる
大埔の富善街市場を通り抜ける



2 件のコメント:

  1. こんにちわ!

    Hi this is Eva from mini Hotel HK

    We would like to invite you a free stay with us! If we could please ask you to feature our hotel and introduce us to your readers on your blog.
    We are located at Central/Causeway Bay (right in the middle of the city) with lots of shops and fabulous restaurants around! Please also allow us to invite you for a lunch session so we could tell you more about us!

    You can find us on www.minihotel.hk

    I can be reached at 98260180
    I look forward to a further discussion with you

    お返事いただけると幸いです。
    ご連絡お待ちしています。

    返信削除
  2. Hi Eva,

    I will reply to received email.

    Thank you,
    Saki

    返信削除