2014/05/20

2014年3月香港旅行の記録

以前から気になっていた、流浮山(Lau Fau Shan)へ、バスを乗り継いで行ってみました。


バス停があるロータリーから、海鮮レストランが並ぶ細い通りまでは団体客でごった返し、賑わっています。


レストラン街を抜けると、一般向けではない?市場。


朝早くに作業が終わっているのか、閑散としていて、水揚げした魚介類が入っているであろう水槽は空。


路地を抜けると、海。その向こうは、深圳。中国本土です。PM2.5の影響か、視界が悪く、対岸のビル群は蜃気楼のよう。せっかくの海だけれど、開放感とか爽やかさは皆無。


香港と深圳をつなぐ橋もうっすら。


牡蠣の干物を作るべく、せっせと殻をむいているのが見られます。


剥いた殻は海辺に山積み。なんだか海水も泥水っぽいのだけれど、水質は大丈夫なのだろうか。


身は天日干し。空気悪そうだけれど、影響ないのだろうか。大気汚染すごいねー、と何も食べず、何も買わず。


帰りはバスK65で元朗まで行くつもりが、何故かMTR天水圜駅止まり。バスを降りてみると、「特別班次 Special Trip」と書かれていました。


せっかくなのでLight Railにも乗ってみようと、隣の天耀駅まで200メートルくらい歩いて、元朗行きに乗車。


途中で降りて、元朗の街をブラブラしたかったのですが、勘違いして終点の元朗駅まで行ってしまいました。歩いて戻るのも面倒になったので、帰ることに。West Rail Lineに乗り換えて美孚へ。そして地下鉄へ。

流浮山滞在時間より、移動時間が長かったですが、結果的にいろんな乗り物に乗れて楽しかったです。

0 コメント:

コメントを投稿