2011/10/14

2011年9月台湾旅行の記録

泊まっていた神旺商務酒店の近くで昼ゴハンを食べようと行ってみると、ネットで見ていたのとは違うお店になっていました…。仕方なく、他を探して歩いていると、結構人が入っているお店がありました。

店の右側でおばちゃんがせっせと麺を茹でているので、注文しようと近づくと、店の左側の柱を指差す。



行って見てみると、メニューが貼ってあり、カタカナも併記。日本語の説明付き。


カタカナ読みを暗記して、おばちゃんの元へ。シャローダーワンタンメンとカンパンメン。通じました。

注文して、入り口すぐの二人掛けの席に付くと、奥の席へ行けと。移動して、店内を観察していると、入り口付近は持ち帰りの人が待つスペースみたい。ジャマだったのね。店内は明るく、見た感じ、清潔そう。

蝦肉大餛飩麺(シャローダーワンタンメン)70NTD 海老入りジャンボワンタン麺

だし汁はほっとする優しい味。香港のワンタンメンとは違って、どちらかというと、うどんみたい。カップうどんのどん兵衛みたいな、平たく細い麺。上にのっている海苔みたいなのがうまい。



乾拌麺(カンパンメン)45NTD ねぎ醤油たれ和え麺

タケノコがメインじゃないですか?というくらい山盛り。麺は、同じくどん兵衛みたいな麺。だし醤油みたいなのがかかっています。


この値段でこの味はとても幸せ。店内には自由に取れる小皿料理もあります。

この大きい看板が目印です。



老虎醤 温州大餛飩
台北市中山區南京東路一段58

同じ名前の店がいくつもあるようですが、どこが元祖なのか、そもそもチェーン店なのか、どれかが偽物なのかは分かりません。

看板にもある「老虎醤」は、柱に貼ってあるメニューによると、「タイガー醤:激辛豆板醤」とあるので、店名ではないのかも。


゜:*★台湾のオプショナルツアー予約Alan3.net★*:°
Categories:

0 コメント:

コメントを投稿