2013/03/22

2011年3月香港・マカオ旅行の記録

香港島南岸にある香港仔(アバディーン)で、観光用のサンパン船に乗ってみました。


wikiによると、
サンパン (広東語 舢舨、英語 Sampan)は、中国南部や東南アジアで使用される、平底の木造船の一種。サンパンは、港や川岸から比較的低速、安全に人や少量の荷物を輸送するのに適した形状に作られた、全長5m程度の小型船である。現在は香港や広東省の漁村でよく目にし、湾内でいわゆる水上タクシーとして客を対岸、水上レストラン、釣り場などに輸送したり、湾内観光などに用いられている。
だそうです。


海沿いの遊歩道に、サンパン船乗場の案内板があります。ここまで来ると、船頭さんが声をかけてくるので、価格を確認して乗船。特に強引な客引きもなく、「よかったら乗る?」ぐらいなもので、船頭さんはオジサンでした。客は私たち2人だけでしたが、すぐ出発。30分ほどの湾内クルージングです。

他にも観光用のサンパン船の乗場はいくつかあるようで、ここは5番でした。

広くはない湾内ですが、景色が次々と変わり飽きません。


高層マンション群を背景に、漁船が作業していたり。


消防艇も停泊しています。


人が生活している船には洗濯物が干されていたり。


豪華クルーザーが停泊しているエリアもあり、いい運気をもらえそうです。


金ピカ装飾で有名な水上レストラン、珍寶王國(ジャンボキングダム)の前も通ってくれました。ジャンボを正面から見られるように、船の向きを変えてくれ、船頭さんが写真を撮ってくれました。一眼レフを渡しましたが、手慣れた感じでアップと全身と次々に。

さらに、古めかしく趣のある船首がずらっと並んだところをバックに、香港でたまに見かける竹製の帽子をかぶらせてくれ、また記念撮影してくれました。


間抜け面は公にできないので、トリミングしましたが、いい感じの構図で撮ってくれました。


船を下りたのは、日が暮れる頃でした。海沿いには香港仔海浜公園という公園が整備されているので、夕暮れ時の散歩にもちょうど良かったです。


中環の交易広場巴士総站(Exchange Square Bus Terminus)から出ている70番のバスで、香港仔海浜公園のすぐ近くまで行けます。地下道を通って海側に出られます。


サンパン船乗船付きのツアーもあります。470HKDから→゜:*★香港マカオのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

0 コメント:

コメントを投稿