2015/10/15

2015年10月香港旅行の記録

香港へ入国するには、パスポートの残存有効期間「入国時1ヵ月+滞在日数以上必要」とのこと。

私のパスポート有効期限満了日は、2015年12月7日。入国日は2015年10月8日。滞在は2泊3日。満了日まで2か月弱あり、余裕ではないけれどOKなはず。

なのに、e道(フリークエントビジターeチャンネル)の自動出入境ゲートが通れなかったのです。e道の有効期限は、登録したパスポートの有効期限と同じはず。

e道ゲートでパスポートをスキャンしたものの、ゲートは開かず係員がやって来て、「だめだ、通れない。一般の列に並べ。期限が切れている。」と。がっかりして長い行列に並び直し、入国カードを書き、入国審査へ。税関のオヤジは、パスポートを何度もしつこく見返し、指を折って何か数え出す。まさか入国拒否か??と不安に。滞在日数を聞かれたので、「3日」と答えると同時に、日本式の3を指で示した(人差し指、中指、薬指を立てるやつ)のがまずかったのか、「ん?なんだ?本当に3日か?」とオヤジは香港式か中国式が分からないが、中指・薬指・小指を立てる「3」を見せてきました。焦っている私は、それが「3」ではなく、「お金」を示す指文字に見えてしまい、「か、金を要求しているのか??」と混乱。オヤジはそんな私を疑わしそうに一瞥して、またパスポートをペラペラめくり、指折り何かを数え、パスポートにスタンプをポンと。滞在可能期間を印刷した紙を渡してきて、この日までに必ず出国するように、と念押しされ解放。期限は2015年11月30日。


一体何だったのか。結局入国できたし、パスポートが切れる1週間前まで滞在できるのではないか。何を怪しまれたのか。不法滞在すると思われたのか?

ちなみに夫の滞在可能期限は2016年1月6日。ビザなしで滞在できる期間。彼はパスポートの残存有効期間も数年あり、問題なくe道通過。

直近で海外へ行く予定がなかったのでパスポートの更新をしておらず、香港なら残存有効期間短いし、行ける!と思っていたのに。入国はできたけど、e道は使えず。

e道を通れなかったのは、私の見た目が怪しかったからではない。パスポートをスキャンした時点で弾かれたので、他の人でも同じはず。残存有効期間の短い方はお気をつけください。

Categories: ,

0 コメント:

コメントを投稿