2012/03/13

2012年2月パリ旅行の記録

さすがルーヴルです。建物自体が歴史を感じさせるアートで、素人でも知っている絵や作品がたくさんあって。

滞在時間が限られている方は、前もって予習をして、見たいものを決めて計画的に回ったほうがいいです。ルーブルのサイトに日本語でテーマ別見学コースが載っています。広いので方向感覚を失い、同じ場所を何度も通ってしまい疲れました。

詳しくは、http://www.louvre.fr/jp/homepage

地下にある『フィリップ・オーギュストとシャルル五世治世下のルーヴル宮の壕の遺跡』を見逃したのが心残りです。

館内での写真撮影が可なので、有名な絵や像の周りは雑然としています。絵の写真を撮るだけなら良いのですが、中国人観光客は絵と自分を一緒に写したがるので、特にモナリザの周りはすごかったです。


観光客が映り込まないように写真を撮るのも難しいです。

゜:*★フランスのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°
Categories:

0 コメント:

コメントを投稿